top of page
  • 執筆者の写真重光

知者は動き、仁者は静かなり

集義和書より



<原文>


知者は動き、仁者は静かなり、と。

動静は相似ずといへども、

ともに有徳の人なるか。


云。是二人にあらず。


一氣の屈伸、

天の陰陽なるが如し。

一動一静、互いに其根をなせり。


よく動くものはよく静かなり。


知者は 周流して世にとどこほらず。物にまどはず。


故に楽しむ。


流水を見て 嘆息す。

左右其源に逢ふ。

知の象あればなり。


仁者は萬物をもって一体とす。

死生禍福とともに 吾有なり。


ゆえに


生々にして亡びざるものは命ながし。


無欲にして静かなり。

山の象あり。


徳性の

動いて楽しむを知といひ

静かにして壽(いのちなが)しを 仁といふ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


<超訳>


あるひとが聞いた。


知者は動き、仁者は静かである。

それは反しているように見えるが、

どちらも徳がある立派な人と言えるか?


もう一人が、答えて言うには、


知者と仁者は、そういう人たちがいるのではなく、

一人の中に、知者の部分と仁者の部分があるのである。


そのさまは、あたかも、

尺取り虫が、伸び縮みして前へ進むようでもあり、

氣が、散じたり、集まったりするようでもあり、

天に陰陽、日月、昼夜があるかのようでもある。


一動一静と言っても、それは同じ根っこにあるのである。


よく動くものは、よく静かである。



知者は水を楽しみ

仁者は山を楽しむ

というが、


それは、

知者が、いろんなことをうまく流し、立ち回るためである。

知者は、世に滞留を生まない。自分自身もまどいがない。


知者は、

水と自分が似ていると、思いを巡らし

流水を見ては、その源流まで思いを馳せ、

一を聞いて、十を知る、かのように、

先の先まで見通してしまう。


これが知のあらわすところである。



仁者は


萬物をもって一体とする。

全宇宙と一体となっている。


死も生も、

禍も福も

吾が内に有している。


ゆえに


生き生きとして

ほろびることなく

宇宙と同じように

不滅性をもっている。


無欲で、静か。


その姿、

そして心は、

まるで、山のようでもある。


「動いて楽しむを知といひ

 静かにして壽(いのちなが)しを 仁といふ。」

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水風井と福井

ご無沙汰しております。 10月に入り、 秋らしくなってきましたね。 涼しく外出にも出やすくなってきました。 〇〇の秋という言葉がありますが、 あなたにとっては何の秋でしょうか? 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋… いろんな過ごし方があるかと思いますが、 この時期は、お酒が できてくる時期でもあります。 10月1日はお酒の日ということで 定められているそうです。 お酒の中でも 「黒龍」とい

太陽禮拝と「ビジネスパーソンのための易経入門」

先日、易経の読書会を行いました。 「ビジネスパーソンのための易経入門」 そこに来ていただいた方ととお話しを していました。 「この連休中は何やってましたか?」 「太陽礼拝を108回やって、その後シャバアーサナ」 「すごい、108回も?!」 「早くやったり、ゆっくりやったり、 だんだん、フローに入っていくんですよ」 とのこと。 なかなか充実した時間の使いかただな〜、と 共感しました。 さてさて、せっ

予測不能の時代19 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十六

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「協創する」〜 (以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用) <緊張する状況でも ぶれずに前に進む> 新たな関係が進むとき 忘れてはならないことがある。 これを「協創する(Resonance)」という。 これはただ 仲良くするというのではない。 実は、もっと厳しいものである。 以下の4つの落とし穴に 落ちないようにしなければいけない。 まず、 もともと

Comments


bottom of page