top of page
  • 執筆者の写真重光

喜怒哀楽のいまだ発せざる、之を中という。発して節に中る、之を和と謂う。



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page