top of page
  • 執筆者の写真重光

予測不能の時代③


未知への対応力とは、

どのように身につけられるのか?

前回は、そのようなことをお伝えしてきました。

おさらいしておきますと、

未知の変化に対しては、

あなたが、それにどう向き合うか?


という問いになります。



そして、その前提としてのマインドセットが


「変化の理論の核心の三原則」


です。



<第1の原則>

 変化にはその特徴にあった向き合い方がある。


<第2の原則>

 的確に向き合えば変化は機会となる。


<第3の原則>

 変化を機会に変える行為が幸せである。



というものでした。

この原則を踏まえて、



4つの視点(象限)


MeーUs

VisibleーInvisible


で対応を考えます。

どう動くか(動詞)ですね。



覚醒する(Awakening) Me・Invisible

成長する(Growing)  Me・Visible

尊敬する (Respecting) Us・Invisible

共鳴する(Harmonizing) Us・Harmonizing



さて、この「予測不能の時代」の著者、

矢野和男さんの提唱する4象限は、

奇しくも、

ティール組織や、インテグラル理論で著名な

Ken Wilberが提唱する4象限とほぼ同じです。


これまでは未知の変化を

2×2の4つの象限で見てきました。



4つの視点から見て

それぞれに的確な名前をつけることで

変化の全体像を俯瞰し

いかなる変化にも

揺るがず立ち向かうのが

変化の理論のエッセンスということです。


変化の理論の原則は

どんな変化も機会とすることができ

前向きに立ち向かうことこそが

幸せであるという 前向きな哲学 なのです。


この4通りの変化

つまり2ビット=2の2乗

を対象にしてきましたが

これが変化の理論の最も単純な場合ということになります。


ちなみに易経というのはこの2×2×2の8で八卦(はっか、はっけ)

というものをベースに

さらに8x8=64という象限で

ものごとを表していきます。


これを少し単純化したものが

この2×2の4つの象限というわけです。


著者の矢野さんは

この次の段階として

4つの幸せそれぞれを

さらに4つに分けることで

16個の幸せの表現が生まれるとしています。



具体的に言えば


探索 対 進化

果敢 対 着実という


さらに2つの2分法を用います。


すると元の4つの視点

覚醒する

成長する

尊敬する

共鳴する


は、さらに以下のように分解されます。



1.覚醒する。

 受け止める 覚悟する 求める 立ち向かう

2 成長する

 始める やってみる 交わる 踏み出す

3 尊敬する。

 信頼する 教わる 心開く 感謝する

4 共鳴する

 結束する 強調する 対等になる 協調する


このように幸せを4×4=16の顔として

捉えることができるということです。


さらにこの16個 4つに分けると

易と同じ 64個の幸せの表現が生まれます。


ただ ここではこの 16個までにとどめておきます。


変化に立ち向かう力を高める方法として

この16個の視点の1つずつ 深めていくことになります。


次回からは さらにこの16個について


実践を踏まえて

我々のに変化に立ち向かう力を高めていく

ワークをしていきましょう。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水風井と福井

ご無沙汰しております。 10月に入り、 秋らしくなってきましたね。 涼しく外出にも出やすくなってきました。 〇〇の秋という言葉がありますが、 あなたにとっては何の秋でしょうか? 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋… いろんな過ごし方があるかと思いますが、 この時期は、お酒が できてくる時期でもあります。 10月1日はお酒の日ということで 定められているそうです。 お酒の中でも 「黒龍」とい

太陽禮拝と「ビジネスパーソンのための易経入門」

先日、易経の読書会を行いました。 「ビジネスパーソンのための易経入門」 そこに来ていただいた方ととお話しを していました。 「この連休中は何やってましたか?」 「太陽礼拝を108回やって、その後シャバアーサナ」 「すごい、108回も?!」 「早くやったり、ゆっくりやったり、 だんだん、フローに入っていくんですよ」 とのこと。 なかなか充実した時間の使いかただな〜、と 共感しました。 さてさて、せっ

予測不能の時代19 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十六

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「協創する」〜 (以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用) <緊張する状況でも ぶれずに前に進む> 新たな関係が進むとき 忘れてはならないことがある。 これを「協創する(Resonance)」という。 これはただ 仲良くするというのではない。 実は、もっと厳しいものである。 以下の4つの落とし穴に 落ちないようにしなければいけない。 まず、 もともと

Comments


bottom of page