top of page
  • 執筆者の写真重光

予測不能の時代16 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十三

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「結束する」〜

(以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用)


<心配し、そして笑い飛ばす>


人と共鳴し合うためには

まず身近な人たちと、

良い関係を築くことである。


これを「結束する(Relationship)」と呼ぶ。


チームの仲間と

良い関係を築くことの重要性は疑いない。


良いチームは生産的で創造的で

そして互いに助け合うことによって

一人ではできないことを可能にする。


しかし、

予測不能な変化は

この結束に揺さぶりをかける。


うまくいっていたやり方を

見直さなければならなくなる。


新たなルールや資源も必要になる。

だから、あなたは心配になる。


といって、

あらかじめ心配して準備すると

意外に結果としては大事に至らず

後からは笑い飛ばせるようになる。


これこそが「結束する」の至福であり

この境地に至ることこそ

動的な意味で 幸せである。

Hoppyingである。

(以上、引用)



〜人と共鳴していく Harmonizingの領域〜


前回までは、人との内面的なかかわりある

・信頼する(Trust)

・教わる(Update)

・心開く(Diversity)

・感謝する(Synergy)

を見てきました。


この内面的な動きをとらえた上で、

いよいよ他者との共鳴、社会との共鳴という

段階です。


その一つめが、今回の「結束する(Relationship)」


予測不能な時代に、

チーム運営していくとき、

不慮の事態で

崩れてしまう。


ということは往々にして

よくあることでしょう。


特にZoomなどののリモート会議が

多くなった昨今、

いるのか、いないかのような

責任感もフワッっとしている

参加者、チームメンバーも

いるかもしれません。


あまり厳密にルールや規制をかけても

人は離れていきますが、

責任感がないのも困りもの。


そこで、

・信頼する(Trust)

・教わる(Update)

・心開く(Diversity)

・感謝する(Synergy)

というものを、

時と場合に合わせて、

柔軟に変化させていく。


これは、日本にも伝統的に伝わる五常とも言われる、

「仁義禮智信」にも通じるものがあります。



〜今日のワーク「結束する」〜


あなたのチームの結束の

原動力はなんでしょうか?

それは、変化や不慮の事態でも

変わらないものですか?

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水風井と福井

ご無沙汰しております。 10月に入り、 秋らしくなってきましたね。 涼しく外出にも出やすくなってきました。 〇〇の秋という言葉がありますが、 あなたにとっては何の秋でしょうか? 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋… いろんな過ごし方があるかと思いますが、 この時期は、お酒が できてくる時期でもあります。 10月1日はお酒の日ということで 定められているそうです。 お酒の中でも 「黒龍」とい

太陽禮拝と「ビジネスパーソンのための易経入門」

先日、易経の読書会を行いました。 「ビジネスパーソンのための易経入門」 そこに来ていただいた方ととお話しを していました。 「この連休中は何やってましたか?」 「太陽礼拝を108回やって、その後シャバアーサナ」 「すごい、108回も?!」 「早くやったり、ゆっくりやったり、 だんだん、フローに入っていくんですよ」 とのこと。 なかなか充実した時間の使いかただな〜、と 共感しました。 さてさて、せっ

予測不能の時代19 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十六

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「協創する」〜 (以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用) <緊張する状況でも ぶれずに前に進む> 新たな関係が進むとき 忘れてはならないことがある。 これを「協創する(Resonance)」という。 これはただ 仲良くするというのではない。 実は、もっと厳しいものである。 以下の4つの落とし穴に 落ちないようにしなければいけない。 まず、 もともと

Comments


bottom of page