top of page
  • 執筆者の写真重光

予測不能の時代15 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十二

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「感謝する」〜

(以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用)


<成長のための 困難に感謝し 立ち向かう>


常に心を開き

あらゆる機会を捉えて教わり

多様な人との新たな知恵を生む

というのは 実は決して楽ではない。


その困難や 食い違いにどんな態度で向き合うか。

そここそが、あなたが

試されているところである。


そこで 困難や 食い違いや複雑な状況に

「感謝する(Synergy)」ことができるか。



ダイバーシティが大事という。

多様な背景の人や分野をかけ合わせて

シナジーを生むことが大事と言われる。

それが簡単なら、そんなことをあえて言う必要もない。


実際には簡単ではないし

大いなる 困難をともなう。


その困難に感謝し 挑戦できるだろうか。


それができるかどうかで

その先の果実が得られるかが決まる。


あえて困難に感謝し立ち向かうことこそ

動的な意味で 幸せである。

Hoppingである。

(以上、引用)



〜 ダイバーシティ&インクルージョン〜


ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)

という言葉をよく聞くようになりました。


これは、すごく単純に考えれば

分けることと集めること。


子どもも小さい頃は、

同じ色のものを集めたり、

またバラバラにしたり、

また集めたり、

ということをします。

(モンテソーリの教育などで、そういう玩具もありますね)


分ける、分類するということは

理解を分かりやすくするために

することです。

分けて、分かるんですね。

人々は民族・部族を分るために

衣装や装飾などで、それとわかるようにしていた。

それが、画一的なファッション、言語などにより

分類しづらくなってきた。


わかりづらいから、

私はこうです、とカミングアウトして

認めてもらうという行為が必要になったり

周りも認めてあげましょう

ということですね


始めから、周りの人たち、

つまり私たちが、なんでもOKですよ、

という度量があれば、

そんなこと必要ないんですよね。

(ことさらに考えなくてもできるはず)


ただ、ひとには先入観というものがあるので

それは取っ払いましょう、というのが

ダイバーシティ&インクルージョンに

取り組む一個人としての視点となるはずです。


個人が成長し、

パラダイムシフトができないと

組織や社会としての

ダイバーシティ&インクルージョンは

本質的にはなしえないですね。


だから、実際には簡単ではない。



しかし、

あなたならできる(できている)でしょう。

周りへの見本となってください!




〜今日のワーク「感謝する」〜

Synergy ,Sympathy , Synapse , Synchronicity

同時に、共に

という意味を含む言葉です。


これらの言葉を見た時、

あなたに湧き上がるものはなんでしょうか?




〜おまけ;易の「渙」と「節」〜


別れていく、発散していく動き。

があれば、

集めて、収束していく動き

もある。


近年は、収束、統合していく動き

インクルージョンのほう

が、よく言われているように感じます。

(これは陰のはたらきです)

易の中には

「渙」と「節」という卦があります。


ごく簡単にいうと

「渙」が拡散、

「節」が収束。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水風井と福井

ご無沙汰しております。 10月に入り、 秋らしくなってきましたね。 涼しく外出にも出やすくなってきました。 〇〇の秋という言葉がありますが、 あなたにとっては何の秋でしょうか? 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋… いろんな過ごし方があるかと思いますが、 この時期は、お酒が できてくる時期でもあります。 10月1日はお酒の日ということで 定められているそうです。 お酒の中でも 「黒龍」とい

太陽禮拝と「ビジネスパーソンのための易経入門」

先日、易経の読書会を行いました。 「ビジネスパーソンのための易経入門」 そこに来ていただいた方ととお話しを していました。 「この連休中は何やってましたか?」 「太陽礼拝を108回やって、その後シャバアーサナ」 「すごい、108回も?!」 「早くやったり、ゆっくりやったり、 だんだん、フローに入っていくんですよ」 とのこと。 なかなか充実した時間の使いかただな〜、と 共感しました。 さてさて、せっ

予測不能の時代19 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十六

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「協創する」〜 (以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用) <緊張する状況でも ぶれずに前に進む> 新たな関係が進むとき 忘れてはならないことがある。 これを「協創する(Resonance)」という。 これはただ 仲良くするというのではない。 実は、もっと厳しいものである。 以下の4つの落とし穴に 落ちないようにしなければいけない。 まず、 もともと

bottom of page