top of page
  • 執筆者の写真重光

予測不能の時代12 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の九



〜予測不能の波を乗りこなす十六手「信頼する」〜

(以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用)


<旅の落ち着かなさを楽しむ>


変化に向き合う時、

我々は慣れない分野や、

馴染みのない人と交わらなければならない。


周りの反応が読めず

落ち着かないし、不安を感じることもある。


ここで問われることが「信頼する(Trust)」である。


他社との関係の基本は信頼である。


予測不能な変化の中にあっても、

この「信頼」こそが、

人との関係の基本である。


それは、

すでに持っている信頼できる関係だけの問題ではない。

新たな人を信頼できるか、

が問われて問われるのである。


身体の動きで

会話を盛り上げることができるか

が幸せと信頼の基本である。


これは、

気の合う仲間と談笑したり

飲み会をしている時には

誰しもが自然に行っていることである。


しかし

あなたは

それを誰かに与えられるのを待ってはいけない。


自らの周りに生み出そう。


この

人と信頼を作る人生という旅を

前向きに楽しむ 境地になることこそ

動的な意味で 幸せである。

Happyingである。

(以上、引用)




〜視点はMeからUs、尊敬の領域へ(Respecting)〜

ここから、他者との行動の視点になってきます

Respectingの領域ですね。



そこで、信頼する。

MeからUsとなった時の信頼感。


これは、陰陽で裏返すと、不信感が同時に潜みます。


わたしたちが他者と

うまくやれないとおもうとき、

「不信感」があるわけです。


しかし、これは、悪いことだけではなく

リスクを回避する意味では大事なことです。


現代社会においては、

間違ってはいけない、

失敗してはいけない、

という、先入観、周りからの目があるため、

どうしても、リスク回避を重視してしまう

傾向になってしまうのでしょう。


これは、一面しかたがないことですが、

硬直した現状を打開するためには、

すこし楽観的に物事をとらえるということが

必要になってくるのでしょう。



〜易経の「旅」から〜


旅といえば、

易には火山旅という卦があります。


古代、旅というのは、

国にいられなくなった人が

やむを得なくするものでした。


そして、旅先では、

その現地の風習、風俗、文化がありますから、

郷に行っては郷に従えで、

自分が、その土地、旅先になじむ、感じる。

その土地の賢人から、話を聞く。


自分がいくらでしゃばったとて、

旅先では、ただの通りがかりの人です。


ですから、旅先では、旅先での考えに

従うということです。


そこから、

自分になかった新しい考えや

体験が生まれる。

それが、悦びにつながるのです。


人を信頼するには、

ある意味、自分自身にも自信が必要です。

自分へのリスペクトすることと

他者へのリスペクトを

共存していく。

それが、悦びにつながっていくのです。



〜今日のワーク「信頼する」〜


あなたは、

あたらしい仲間との

談笑、飲み会を

いつ楽しみますか?






閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水風井と福井

ご無沙汰しております。 10月に入り、 秋らしくなってきましたね。 涼しく外出にも出やすくなってきました。 〇〇の秋という言葉がありますが、 あなたにとっては何の秋でしょうか? 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋… いろんな過ごし方があるかと思いますが、 この時期は、お酒が できてくる時期でもあります。 10月1日はお酒の日ということで 定められているそうです。 お酒の中でも 「黒龍」とい

太陽禮拝と「ビジネスパーソンのための易経入門」

先日、易経の読書会を行いました。 「ビジネスパーソンのための易経入門」 そこに来ていただいた方ととお話しを していました。 「この連休中は何やってましたか?」 「太陽礼拝を108回やって、その後シャバアーサナ」 「すごい、108回も?!」 「早くやったり、ゆっくりやったり、 だんだん、フローに入っていくんですよ」 とのこと。 なかなか充実した時間の使いかただな〜、と 共感しました。 さてさて、せっ

予測不能の時代19 〜予測不能の波を乗りこなす十六の技〜 其の十六

〜予測不能の波を乗りこなす十六の技「協創する」〜 (以下「予測不能の時代(草思社)矢野和男 著」より引用) <緊張する状況でも ぶれずに前に進む> 新たな関係が進むとき 忘れてはならないことがある。 これを「協創する(Resonance)」という。 これはただ 仲良くするというのではない。 実は、もっと厳しいものである。 以下の4つの落とし穴に 落ちないようにしなければいけない。 まず、 もともと

bottom of page